採血・注射・点滴の困ったを解決ガイド

出血傾向の患者さんのリスク

使用している薬剤や体質の確認

 

抗凝固系の内服薬を服用中の患者さんや、
化学療法を継続中の患者さんは、注意が必要です。

 

注射や輸液、採血などの処置を行う前に、出血傾向があるかどうかを訪ね、
血液の凝固機能や止血機能に障害がある、ワーファリンなどの抗凝固薬、アスピリン、
血小板機能に影響を及ぼす消炎鎮痛剤を服用している、
化学療法を継続して行っているために血小板数が低下しているなどについても確認します。

 

止血をしっかりとする

 

抗凝固系の内服薬を服用中の患者さんや、
化学療法を継続中の患者さんなど、出血傾向にある患者さんには、
針を抜いた後に行う止血を十分にします。

 

例えば、通常は3分程度であれば5分以上押さえて止血したり、
使い捨ての止血帯を活用しても良いでしょう。

 

見た目には止血できていても、体を動かすと再び出血する場合もあります。
確実に止血できているかどうかを確認してから、患者さんを帰すようにします。